東京・神奈川・埼玉地区限定
地域最大級のリフォーム専門店

COLUMN

コラム

カテゴリから見る

タグで絞り込む

new

家事が楽になる 家事動線を考えてストレスなしの間取りへ

家事が楽になる 家事動線を考えてストレスなしの間取りへ

目次 [非表示]

動線とは、人の動きを表す線のこと。家事動線とは、その名の通り、家事を行う際に表される人の動きの線のことです。

いくつもの作業を同時進行で行うことが多い家事。料理、洗濯、掃除、子どものお世話などの様々な家事を同時に行うことで、キッチン、洗面、リビングを何回行き来することになるのでしょう。

家事による移動を減らすことで、家事を効率よく、無駄な時間がかからずに行えるようになります。

家事が楽になるリノベーションのポイント

家事動線を考えた間取り:回遊動線

例えば、家事を行うことが多い洗面室とキッチン。

壁で仕切られていると一度リビングを通って洗面室に行く必要があります。そこを、キッチンと洗面室を直接行き来できるようになると移動がとても短くなり、効率的に家事をこなすことができるようになります。

キッチン、洗面室、リビングダイニングを回遊できる間取りにする。家の中をぐるっと回れる間取りにすることで、行き止まりがなく両方向の移動が可能になり、スムーズな家事の流れがうまれます。

家事動線を考えた間取り:キッチンでの動き

キッチン内でも動線はあります。

冷蔵庫から食材を出して、調理台で食材の準備、コンロで調理、食器棚から食器を出して盛り付け。その間に、シンクで洗い物、ごみはゴミ箱に。当たり前になっていて、意識する方は少なかったかもしれませんが料理をするだけでもこんなにも同時作業が。

普段の動きを想像して、シンク、収納棚、冷蔵庫、調理家電、ごみ箱などどのような配置になっていれば自分が楽になるかを考えてみましょう。

カウンターキッチンやアイランドキッチンだと、配膳や片付けも楽になるなどの効果も期待できます。また、キッチン横にダイニングテーブルを設置するアイディアも家事動線の短縮につながります。

家事動線を考えた間取り:収納動線

収納が多ければ多いほどいいというものではありません。適材適所の収納が動線を短くし、家事を楽にするポイントです。

よく使う場所に、適した収納があることで、片付けが楽になり、散らからない生活につながります。

家事動線を考えた間取り:洗濯動線

洗濯は洗って干すだけでなく、たたむ、しまう、必要があればアイロンをかけるなど工程が多い家事の一つです。

洗濯機、干し場、収納スペースを一つの場所にまとめることで家事がぐんと楽になります。

洗面室にちょっとした作業台を設ければ、アイロンかけや、たたんだ洗濯物を置くなどにも使えて便利です。洗濯物をお外に干す場合でも、室内干しユニットをつけるこことで雨の日や、夜にも洗濯ができ家事がスムーズになります。

家事動線を考える際の注意点

生活動線についても考える

家事動線を考えるあまり、生活動線を考えずに作られた住まいは、暮らしやすいとはいえません。家事動線を考えつつ、日常生活の動線もスムーズに流れるように考えることが重要なポイントです。

リノベーションの際の注意

中古住宅のリノベーションの際は、構造や規約のため、理想の家事動線の間取りが叶えられない可能性もあります。事前に確認をしておくことをおすすめします。

まとめ

家事を楽にする家事動線を意識したポイントをご紹介してきました。

ただし、家事動線は自身の家庭に合わせて考えることが必要です。普段の家事で、困っていること、不便に思っていることなどの悩みを振り返り、最適な間取りを見つけましょう。

 

リフォームプライスでは、ご家庭に合わせた家事動線を考えたリノベーションをご提案します。毎日の家事。少し楽になることでゆとりある生活を送ることができるかもしれません。

カテゴリー : 暮らし方別 タグ :

WORKSこの記事に関連した施工事例はこちら

カテゴリから見る

タグで絞り込む