東京・神奈川・埼玉地区限定
地域最大級のリフォーム専門店

COLUMN

コラム

カテゴリから見る

タグで絞り込む

new

人気の中古マンションリノベーション 事前に知っておくべきポイント

人気の中古マンションリノベーション 事前に知っておくべきポイント

目次 [非表示]

中古マンションを購入して、リノベーションすることにより、お手頃な価格で自分好みの住宅を手に入れることができます。

今回は、中古マンションリノベーションの基本をお伝えします。

中古マンションリノベーションの基本

中古マンション リフォーム リノベーションの違い

まずは、簡単にリフォームとリノベーションの違いを説明しましょう。

「リフォーム」は古くなった建物を新築に近い状態に戻すこと。

「リノベーション」は住宅改修に伴い、新しい価値をプラスして、住まいの性能を向上させることを表します。リノベーションは、ライフスタイルや家族の希望に合わせて住まいをより快適に、新しく作り変えていくことです。

中古マンションリノベーションのメリット
中古マンションリノベーションのメリット

新築マンションの場合は、ほぼ決められた間取り・設備になりますが、中古マンションリノベーションでは、自由度が高くより希望に近い住まいを実現することができます。

また、新築のマンションを購入するより比較的安い費用で抑えることができるも注目の理由です。

リノベーションに向いた中古マンションの選び方のポイント

中古マンションのリノベーションをしたいと考えたときに、中古マンションならではの注意点があります。

管理規約による制限はあるか

マンションには、それぞれの管理規約が定められています。

その規約により、リノベーションについても規定が定められている場合があります。希望するリノベーションができるのか、あらかじめ確認しておくことが大切です。

「構造壁」があるか

マンションの構造は、「ラーメン構造」と「壁式構造」に分かれます。

ラーメン構造は、柱と梁を組み合わせて建物を構成するため、比較的自由に間取りの変更が可能です。一方、壁式構造は、壁全体で建物を支えるため、撤去てきない「構造壁」があり、間取りを変えることが難しくなる可能性があります。

リノベーションできる範囲 専有部分と共有部分

マンションの場合、リノベーションできるのは専有部分である「居住スペース」のみです。エントランスや、外観などは共有部分となるため変更できません。

居住スペース内であっても、玄関ドアや窓枠、サッシなどは共有部分にあたるため、交換などはできません。詳細は、管理会社に確認をしておきましょう。

まとめ

中古マンションリノベーションの基本をご紹介しました。

リフォームプライスでは、中古マンションを購入してリノベーションをした事例が数多くあります。それぞれのご家族のこだわり、憧れをぎゅっと詰め込んだマンションリノベーション。あたなにぴったりなリノベーションも見つかるかもしれません。

また、今回紹介したポイント以外にも、注意すべき点や確認が必要な点もありますので、気になった方はぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリー : 中古でリノベ タグ :

WORKSこの記事に関連した施工事例はこちら

カテゴリから見る

タグで絞り込む