東京・神奈川・埼玉地区限定
地域最大級のリフォーム専門店

COLUMN

コラム

カテゴリから見る

タグで絞り込む

new

中古住宅+フルリノベーションのメリット

中古住宅+フルリノベーションのメリット

目次 [非表示]

急速に伸びている中古住宅購入(マンションが多いようですね)して、フルリノベーションを行うことのメリットはいくつかあります。

第一に、通常の分譲住宅は、一般受けするような最大公約数的な間取りやデザインばかりになってしまいます。自分の好みのデザインやスタイル、間取りにこだわりたい人には、一般的な分譲住宅では満足できない方も多いでしょう。その点、フルリノベを行えば、自分好みのこだわりのスタイルの住まいを実現することができます。

第二のメリットは、新築住宅よりも、圧倒的にリーズナブルだということです。特に昨今、新築分譲マンションの価格の高騰が続いています。オリンピック後に下落するだろうという予測もありますが、どうなのでしょう? ともかく、今の相場では、一般の方々には手を出しにくい価格水準なのではないでしょうか? その点、中古住宅+フルリノベは、経済的なメリットも大きいのがうれしいところですね。

第三のメリットは資産価値の低減が少ないということです。新築分譲マンションは、購入していったん住み始めてしまうと、住んだ瞬間に中古住宅として評価されるため、価値が激減してしまいます。その点、最初から中古住宅なので、購入後の価値の下落幅は、新築住宅よりも限定されます。

そして、第四のメリットは、リフォーム一体型の住宅ローンを活用することができるということです。これについては、後で少し詳しく書きますね。

すでに、中古住宅を購入してフルリノベを行うことをワンストップでサポートするサービスは、いくつもありますね。いずれも人気を集めているようです。

断熱フルリノベーションのすすめ

「断熱」フルリノベーションをすることで、一般的な新築分譲マンションや新築戸建住宅よりも高い断熱性能を確保することが可能なのです。つまり、一般的な新築住宅よりも、リーズナブルに、かつ冬暖かく、夏涼しい、結露のない住宅を実現することが可能なのです。

(健康にも大きなメリットがあることや、家事の効率が上がることなど、他にもたくさんのコラムをUPしましたので是非ご覧くださいね。)

リフォーム一体型の住宅ローンのメリット

通常、リフォームローンを活用してリフォームを行うと、金利は4%前後と住宅ローンに比べて金利も高く、返済期間も最長15年と短くなります。そのため、中古住宅を例えば35年ローンで購入して、別にリフォームローンを15年ローンで組むと、当初15年間の返済負担がかなり重くなります。

子育て世代にとっては、お金が最もかかる時期に、リフォームローンの負担が重くのしかかることになります。それに対して、一部の金融機関が対応している中古住宅購入費用とフルリノベの費用を一体化できるリフォーム一体型の住宅ローンを活用すると、リノベ費用も低金利の最長35年ローンを活用することで、月々の返済負担が大幅に軽減されます。そのため、家賃並みの負担で理想の住まいを実現することができるのです。

断熱やローンなどの疑問点等、どんなことでもご相談に乗ります。お気軽にリフォームプライスまでお問合せ下さいね。

カテゴリー : 中古でリノベ タグ :

WORKSこの記事に関連した施工事例はこちら

カテゴリから見る

タグで絞り込む