東京・神奈川・埼玉地区限定
地域最大級のリフォーム専門店

COLUMN

コラム

カテゴリから見る

タグで絞り込む

new

リモートワークや子供の勉強に!ワークスペース、スタディスペースのポイント

リモートワークや子供の勉強に!ワークスペース、スタディスペースのポイント

目次 [非表示]

新生活様式が提案される中、リモートワークやテレワークなどの在宅勤務を導入する企業が増えてきています。

これを機会に、自宅にワークスペースが欲しいと思った方も多いのではないでしょうか。また、お子さんの勉強のスペースとして、スタディスペースのポイントも合わせてご紹介いたします。

 

ワークスペース・スタディスペースとは

ワークスペースとは

仕事や作業に使うための場所をさします。仕事をする、家計簿をつける、ちょっとした家事をするなど様々用途に使われるスペースのことです。

スタディスペースとは

子供部屋とは別に、勉強するためのスペースを設けることです。

「リビング学習が子供の学習能力を高める」と話題になり、リビングにスタディスペースをつくることに、注目が集まっています。

ワークスペース・スタディスペースの必要性

ダイニングテーブルで、仕事や勉強を行っているので、別にスペースを設ける必要がないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

作業途中のパソコンや勉強道具を食事のたびに片付けを行うとなると、以外と手間がかかるもの。ワークスペース、スタディスペース専用の空間があることで、仕事の時間や勉強の時間をしっかりと線引きでき、メリハリのある生活を送れるのではないでしょうか。

ワークスぺース・スタディスペース 間取り

リビングやダイニングと空間を共有した間取り

リビングやダイニングと同じ空間にワークスぺース・スタディスペースを作る方法です。

共働きが増え、家でお仕事を行っているお母さんとっては、家事と仕事の両立に便利です。

また、広めのスペースを確保することで、親子で並んで仕事・勉強をすることもできます。同じ空間で、仕事や勉強を行うことで一緒に頑張っているという感覚が芽生えるでしょう。

間仕切りやロールスクリーンを使った独立したスペースを確保する間取り

仕事、勉強により集中したい方におすすめなのが独立したスペースです。

完全な在宅勤務、リモートでの会議が多い方などは、独立したスペースがある方が安心です。

また、部屋のように完全に独立させるのではなく、仕切り方を工夫し、家族の気配を感じ取れるようなスペースを確保する方法もおすすめです。

あらゆるスペースを活用。空いたスペースからつくる間取り

キッチンの中、階段下、クローゼット、などの限られたスペースもアイディア次第で立派なワークスぺース・スタディスペースに。

リノベーションの際に、どうしても取り除けない壁や柱。そんな隙間を利用してスペースを作ることも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新生活様式が必要となる今、自宅にワークスペースを確保することを検討するいいタイミングかもしれません。どのようなスペース・環境が必要なのかなど考えてみましょう。

また、ワークスペース・スタディスペースは、仕事や勉強だけでなく読書や裁縫、お絵かきなどの趣味の時間をすごす家族の共有スペースとしても利用することができます。生活のスタイルに合わせて空間を作り出すことができるのは、リノベーションならでは。

リフォームプライスでは、ご家族のご希望をしっかりとヒアリングの上、どのような空間、スペースが必要かをご提案させていただきます。

カテゴリー : 暮らし方別 タグ :

WORKSこの記事に関連した施工事例はこちら

カテゴリから見る

タグで絞り込む