東京・神奈川・埼玉地区限定
地域最大級のリフォーム専門店

COLUMN

コラム

カテゴリから見る

タグで絞り込む

new

物件探しからリノベまで一括サービス ~話題の「ワンストップリノベ」とは

物件探しからリノベまで一括サービス ~話題の「ワンストップリノベ」とは

目次 [非表示]

ワンストップリノベの基本について

最近徐々に話題になってきているワンストップリノベーション。あらゆる手続きや問い合わせを一つの会社が請け負うことで、より楽に、より安心して中古物件リノベーションを計画できる便利なサービスです。この記事では、ワンストップリノベーションの長所・短所を詳しく解説していきます。

2つのワンストップリノベ

一口にワンストップリノベーションと言っても大きく2種類に分けられ、それぞれに特徴があります。

 

・パーシャルワンストップリノベーション

基本的に設計会社が窓口となり、不動産や施工は提携会社が行うワンストップリノベーションの方法です

会社の規模が比較的大きいことが多く、安心な反面、コーディネート費やコンサルタント費などの中間マージンが発生します。

・オールワンストップリノベーション

中古物件探しから施工まで、すべての工程を完全に一社が担うワンストップリノベーションの方法です。

責任の所在がハッキリしている、トータルコストが抑えられるなどの長所がありますが、一度に多くの施主を抱えられないため、タイミング次第では依頼できない可能性があります。

ワンストップリノベはこんな人に向いている

通常、リノベーションのみを請け負う会社は中古物件の状態に関与することはありません。そのため、物件を購入してから配管など構造上の問題や、マンションの管理規約で思い通りのリノベーションが不可能だと発覚してしまうケースがあります。ワンストップリノベーションを行う会社であれば、中古物件選びの段階からリノベーションプランを踏まえた選定をしてくれ、物件選びに自信がない方でも不安なく任せられます。

 

また、他の方法として「リノベーション済み物件」を探すという手段もありますが、ワンストップリノベーションならデザインから関われるという利点があります。家族それぞれの生活動線やライフスタイルプランにこだわりを持つ方には、ワンストップリノベーションがオススメです。

ワンストップリノベのメリット

リノベーションが初めての方でも安心して進めることができるワンストップリノベーション。そのメリットをより詳しく説明していきます。

手間がかからない

最大のメリットになるのが手軽さです。今までの中古物件リノベーションでは、望むプランが実現できる物件探し、資金計画、設計施工などを個別に対応する必要がありました。個人で行うと窓口が複数社に渡り手続きも複雑です。しかし、ワンストップリノベーションではそれらを一つの会社で請け負うため、手軽にリノベーション計画を進められます。また、何かトラブルがあったときの責任の所在がハッキリする点も大きなメリットです。

新築よりも安く済ませられる

中古物件をリノベーションするので、同じ条件の新築物件と比較すると低いコストで済ませられます。また、通常のリノベーション方法だと「金利が低い住宅ローン」と「金利が高いリノベーションローン」を別々に組む必要がでてきますが、ワンストップリノベーションなら総額でローンを組めるというメリットがあります。金利が低い住宅ローンにリノベーション費用も組み込むことで、毎月の返済負担を軽減できます。

自分にピッタリのプランを提示してくれる

バランスの良い物件選び・リノベーションを提案してくれることも、ワンストップリノベならではのメリットです。不動産会社でより良い条件の中古物件を提示してもらったのはいいが、リノベーションに費用を回せず結局思い通りの住まいにできなかった…逆にリノベーションプランにこだわるあまり、予算内で物件を探せなくなった…など、予算との兼ね合いを考慮するのは個人だとなかなか難しいもの。ワンストップリノベーションを行う会社であれば総予算と要望を伝えるだけで、中立的かつプロの目線でバランスが良いプランを提示してくれます。

ワンストップリノベの注意点

 ここまではワンストップリノベ―ションのメリットだけをピックアップして紹介していきましたが、ワンストップリノベ―ションも万能と言うわけではありません。普通のリノベーションとは異なる注意点が必要なので、合わせて理解しておきましょう。

途中で別の会社に変更しづらい

 ワンストップリノベーションを行う会社で中古物件を購入したあと、担当者とのトラブルなどでリノベ―ジョンのみ違う会社に変更したいと思っても、契約によってはできない場合があります。不動産仲介とリノベーションの契約は、おなじワンストップ型の会社でもさまざまな形があります。可能であれば検討中の段階で規約を確認しておくことが大切です。よく契約内容を確認すること、担当者をしっかりと選ぶことでトラブルを防ぎましょう。

費用面

パーシャルワンストップリノベーションの場合、前述した通りトータルでの費用は高くなることが一般的です。しかし考え方によっては、提携会社が多く企業規模が大きい会社ゆえの「安心費」ともいえるので、単純にデメリットとは言えない側面もあります。

物件の選択肢が狭い

オールワンストップリノベーションの場合、中古物件の選択肢がその会社で取り扱う物件に限られてしまい、タイミングによっては納得できる物件に出会えない可能性があります。自分で物件を探せば、不動産会社が売り出しているあらゆる物件から自由に選べます。内覧にリノベーション業者にも立ち会ってもらう段取りが必要になる手間は増えますが、物件の選択肢の多さを優先する場合、ワンストップリノベーション会社は不利だと覚えておきましょう。

まとめ

この記事ではワンストップリノベーションについて詳しく説明いたしました。ワンストップのメリット・デメリットを踏まえた上で、お客様が希望するプランに添ったリノベーション方法を選択することが大切です。

リフォームプライスはワンストップのサービスは行っておりませんが、物件を自由に選びたいという方や、自分にはどっちが合っているのかわからない方など、疑問や不安をお持ちの方はお気軽にリフォームプライスへご相談ください。

カテゴリー : リフォーム・リノベーションの基礎知識 タグ :

WORKSこの記事に関連した施工事例はこちら

カテゴリから見る

タグで絞り込む