東京・神奈川・埼玉地区限定
地域最大級のリフォーム専門店

COLUMN

コラム

カテゴリから見る

タグで絞り込む

new

リフォーム 成功への道

リフォーム 成功への道

目次 [非表示]

リフォーム 成功への道|事前にチェックすべき3つのこと

理想の生活を実現するため決意したリフォーム。いざ始まってみたら予算を大幅にオーバーしてしまったり、希望の間取りにできなかったりすることもあります。

今回は、実際にあった失敗をもとにリフォームを成功させる秘訣を詳しく説明していきます。「希望通りにいくのか心配…」と悩む前に、そしてリフォーム工事後に失敗に気づかないためにも、今回紹介するチェックすべきポイントをしっかりと押さえ、リフォームを成功させる参考にしてください。

リフォーム 成功への道|イメージ通りの間取りにできるのかチェック

まずは、そもそもリフォームをするご自宅が理想の間取りに変更できるのかを確認しましょう。

築年数の経っている中古物件の場合、リノベーションをする時に基本性能が現在の基準に適合していなかったり、骨組みを改修するために、予算を大幅に超えてしまったりすることがあります。また、2部屋を一つに繋げようとしても、壁が抜けないこともあります。

また、マンションの場合はキッチンや浴室など、水周りのリフォームでも注意が必要です。配管の関係で大きな位置変更が難しいことや、既存の配管位置をずらすリフォームを行ってしまい管理会社が行う配管更生工事ができなくなってしまった、という失敗事例もあります。

リフォーム後に浴室の床をめくり、キッチンに大きな配管点検口を空けることにならないためにも、考えているプランに問題がないかリフォーム業者に相談しておくことが大切です。

リフォーム 成功への道|基本性能、寸法のチェック

中古物件のリノベーションを考えている場合、購入を検討している物件の基本性能を前もって入念にチェックしておきましょう。夏暑く冬寒い、結露がひどいなど、家の基本性能に関わる問題は住んでみてから気付くこともしばしば。中古住宅で最も多いトラブルの一つに数えられるため、耐震性や断熱、換気性能が十分な物件なのか確認が必要です。

基準として、「1981年以降の耐震性能」 「24時間換気システムの設置義務 」「2013年以降の省エネルギー基準 」を満たしていない場合、リフォーム業者と相談して追加になる予算も見越した計画を立てておきましょう。

また、棚や収納を作りつける場合、部屋の広さが十分に確保できるか、家具や家電を設置できるスペースがあるか確認が必要です。実際あった失敗事例として、「冷蔵庫などの大型家電を買い替えるにあたり、今まで使っていたもののサイズで設計してしまい設置できなかった」「収納の大きい食器棚を作りつけたが、キッチン内で人がすれ違えなくなった」などがあります。これらを防ぐためにも、実際の寸法を把握し、設計士とよく打ち合わせすることが大切です。

そして間取り図だけではイメージしにくいのがそれらを設置する高さです。カウンターキッチンやテレビボードの吊戸棚、上部収納など、実際使用する状況を想定しながら設計を進めていくのがコツです。意外と盲点になりやすい部分ですので、家具や家電の寸法と共にチェックしていきましょう。

お悩み リフォーム|環境のチェック

実際に住むことを考えた時に重要なのが生活環境です。リノベーションに限った話ではありませんが、居住地域の行政の質や治安、交通量や騒音などの周辺環境、日の当たる時間などはしっかりチェックしておきましょう。

内見の時に日が当たっていても、住んでみたら3時間しか日が入ってこなかった…なんてこともあるので注意が必要です。

また、マンションの場合はテレビの音量など隣の部屋の生活音や、上階の子供が走り回る足音など、他の住民とのトラブルはつきものです。購入前に、隣接する部屋の家族構成を調べたり、実際に住んでいる方にヒアリングしたりすることが必要です。

工事を行う際には、「リフォーム工事の音でご迷惑をおかけします」とこちらから事前報告を行っておくことで、不要な近隣トラブルの回避に繋がります。

リフォーム 成功への道|業者の選定

これらの問題を解決しリフォームを成功させるためには、施工主の話に耳を傾け、適切なアドバイスや連携ができるリフォーム業者を選定することが重要です。

業者都合のプランや工期を要求してくる業者はもちろん、一見話がスムーズに感じる「イエスマン」な営業担当者にも注意が必要です。「そうですね」「いいじゃないですか」とこちらの言う事をなんでも受け入れてくれる反面、ちぐはぐな素人間取りになってしまって後悔している…という失敗事例も実際にあります。

こちらの要望をしっかり汲み取ってくれることも大切ですが、デメリットも包み隠さず教えてくれる業者の方が信頼して任せることができるでしょう。

また、「定価がない」と言われるリフォームでは、複数の業者に見積もりを依頼することが失敗しない大きなポイントです。見積もりを一社しか取らなかったために割高になり、予算内で収めるためにやりたかったことを我慢せざるを得ない…あるいは安すぎる質の低い施工を行う業者だった…なんてことも。こちらでも大体の相場を把握することができるため、見積もりは複数社から取り寄せる(相見積もり)をお勧めします。

見積もりを依頼する際も業者によって得意分野が違うので、各社ホームページのプレゼンや施工事例などを照らし合わせて、自分のやりたいこととマッチする業者をしっかり吟味しましょう。

まとめ

今回はリフォームを成功させるために注意しなければならないポイントや、確認しておくべき事柄を、失敗事例を踏まえて紹介してきました。リフォームは範囲や内容、業者によっても工事費用が大きく異なるため、不安はつきものです。しかし、一つひとつ押さえていけば、満足いく我が家を手に入れることに繋がります。ぜひ今回紹介したポイントを参考にリフォームを検討してみてください。

リフォーム専門店「リフォームプライス」について

リフォームプライスの営業・技術系社員は、その1/2以上が有資格者。リフォームに関する知識が豊富なことから、ムダな工数(工事のやり直し)を省くことができ、高品質を実現しています。

とことん生活に寄り添うヒアリングと「理想を超える」提案力、地域密着の対応力で、お客さまより高評価を頂いています。

東京、神奈川、埼玉に11店舗のショールームを構え、リフォーム・リノベーションについてのご相談も随時受け付けています。まずはご自宅のお近くにある店舗へお気軽にいらしてください。

創業26年 施工実績77,033件 東京・神奈川・埼玉に11店舗!

▼▼リフォームプライスのショールームを見る▼▼

カテゴリー : リフォーム・リノベーションの基礎知識 タグ :

WORKSこの記事に関連した施工事例はこちら

カテゴリから見る

タグで絞り込む