▼ サイト内検索 ▼

工事実績マップ

ウッドデッキ材質紹介

イペ 〔IPE〕
IPE(イペ)
 

イペ(IPE)の原産地は南米アマゾン川流域、ブラジル、ペルー他。
木質は密、辺材は黄白色、心材は黄緑色から緑褐色をしています。

耐久性 港湾、岸壁のデッキにも使われているほどの高耐久材で、水のかかるような条件の悪い場所でも15〜25年は保つといわれています。
通常の使い方なら半永久的に使えます。 耐腐朽性に富むため薬剤処理はいっさいされておらず、環境にも負荷をかけません。
加工性 硬質材で密度はきわめて高く、鋸引き等の加工には超硬度刃物を使用します。
釘打ちは困難なため、道穴、ボルト締めが必要です。
ひび割れ イペは人工乾燥しても長時間かかるため、未乾燥の状態で出荷され、若干のひび割れなどを生じさせます。 ひびが入っても強度上は問題ありませんのでご安心ください。

経年変化

経年変化により銀白変化し、細かなひび割れやわずかな反りが生じますが、耐久性など使用上の影響はありません。材が緻密で表面がなめらかなので素足で歩いても特に問題はありませんが、ささくれができると材が硬いだけにけがをする恐れがあるので、ご注意ください。
ウリン 〔ULIN〕
ulin(ウリン)
 

ウリン(ULIN)の原産地はインドネシア、マレーシア。
ボルネオ鉄木(アイアンウッド)とも言われます。木質は密、辺材は黄白色、心材は薄褐色をしていて、乾燥すると暗褐色に変わります。 イペ材よりもやや赤みかかった濃色という色合いです。 乾燥材は、狂い・割れが少なく、表面は極めてなめらかな仕上がりになります。

手触り ウリンの最大の特徴として、木肌が極めてなめらかでささくれもほとんどないので、素足で歩くことができます。 子供がいてリビングからそのままデッキに出る作りでも安心して使えますし、幼稚園や海辺のウッドデッキなど、素足での歩行が多い場所には特にお勧めします。
耐久性 港湾、岸壁のデッキにも使われているほどの高耐久材で、水のかかるような条件の悪い場所でも
20〜50年は保つといわれています
。 特にフナクイムシなどに強く、水辺での使用には最強です。 水中の使用にも耐えるので、インドネシアでは桟橋に使われています。 通常の使い方なら半永久的に使えるでしょう。 耐腐朽性に富むため薬剤処理はいっさいされておらず、環境にも負荷をかけません。
加工性 木目が通直で素直なため、硬さの割には加工しやすいと言えます。
【注意点】
※樹液ウリンは水に濡れるとこげ茶色の樹液がしみ出てきて、下に落ちます。 デッキ材の表面は乾けば汚れがつくことはなく、樹液の汚れも中性洗剤等で簡単に落ちます。
とはいえ、下地が汚れると困る場所や、デッキの下の空間を駐車場などの別の用途に使っている場合には、樹液で汚れてしまうので使用はお勧めできません。
材の動き ハードウッドは、基本的に無垢材なので横ぞり等の動きが出ることがありますが、 ウリンは、他の樹種によく生じるひびはあまり入らず、完成直後の美しい状態が長く続きやすいです。

経年変化

経年変化により銀白変化し、細かなひび割れやわずかな反りが生じますが、耐久性など使用上の影響はありません。
ジャトバ 〔JATOBA〕
jatoba(ジャトバ)
 

ジャトバの原産地は南米アマゾン川流域(ブラジル・ペルー・ボリビア)。
強い赤褐色の色合い。

木肌は、赤色に近く、滑らかで、光沢があり、強靭で、衝撃にも強く、変形も少なく、
重構造材に適した材で、更に、白ありにも強く、耐久性もイペ並です。

手触り 比較的、狂い・割れが少なめで、表面は滑らかな仕上がりになります。
耐久性 水のかかるような条件の悪い場所でも15〜25年は保つといわれています。
加工性 イペと同様、硬質の木材なので、ビスをもむ際は、下穴加工が必要になります。

経年変化

ジャトバは、ひび割れが生じます。ひびが入っても強度上は特に問題ありません。
経年変化によってシルバーグレーに変化し、反りが生じますが、 耐久性など使用上の影響は特にありません。