TOPへ戻る

女性の手で、 女性の暮らしを、 つくる。

WAKKATE

WAKATTE

WAKATTE

WAKATTE

WAKATTE

ABOUT/5つの特徴

1
全員がプロで主婦


立ち上げスタッフは、彦坂綾乃、斎藤ゆうき、杉村菜摘の3名。全員が豊富なリノベーションのスキルと経験を持つ、子育て中の主婦です。

2
主婦から見た家族目線


デザイン重視のかっこいい暮らしではなく、家族の「いま」と「これから」を考えた「便利で快適な暮らし」を実現します。

3
1人3組限定


ご相談からプランニング、ご提案まで、1人の担当者が責任を持ってやらせていただきます。

4
打ち合わせは回数より内容


何度も何度も予定を組んでもらうのは大変。回数は抑えて、1回の打ち合わせに十分な時間をとり、納得いくご提案をさせていただきます。

5
住まい以外のことでもお力に


子育てや家事のお困りごと、資金や住環境、お子さんの教育などもお力になれるかもしれません。おとなりさん感覚でなんでもお話ください。 

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

PROMISE&PLEASE/約束とお願い

親身になった相談とツボを抑えたヒヤリング 親身になった相談とツボを抑えたヒヤリング

いろいろお聞きします。あなたのことを教えてください。 いろいろお聞きします。あなたのことを教えてください。

暮らしのご要望にぴったりの主婦目線のプランニング。 暮らしのご要望にぴったりの主婦目線のプランニング。

普段の暮らしを見せてください。ご訪問時のお片づけはしないで大丈夫。 普段の暮らしを見せてください。ご訪問時のお片づけはしないで大丈夫。

一人の担当者が最初から完成まで寄り添う。 一人の担当者が最初から完成まで寄り添う。

1人3組限定。打ち合わせは3回以内とさせていただきます。 1人3組限定。打ち合わせは3回以内とさせていただきます。

MEMBER/スタッフ紹介

子育てをするようになって、
提案にぐっと厚みが
出てきたような気がします。

斎藤ゆうき

斎藤ゆうき

プランナー/二級建築士
整理収納アドバイザー二級
二児の母

2010年に新卒入社。営業職とし勤務開始、その後2014年にはマネージャーに。1年半後に結婚。2016年に男の子を、2018年に女の子を出産し、2019年4月から二度目の職場復帰。ママになっても「楽しく仕事をする!」がモットー。

小さい頃、ようやくもらえた自分の部屋には柱や梁のでっぱりがたくさんあったんです。それがすごく嫌で、家に届く不動産のチラシで間取り図を見ては、自分の部屋を空想するのが好きな子どもでした。それからずっと住宅・建築関係の仕事に就きたいと思って、大学でも建築学科に進学。そこでリノベーションという仕事に出会いました。リノベーションには、形にはめるのではなく、形を変えることのできるチカラがある。そして小さい頃に私が感じていたような、生活の中にある不満を解消したいと思っている人のお手伝いができる。この仕事だ!と思ったんです。

+もっと読む

今、家事や育児をするようになって、前よりももっと提案に厚みが出てきたなと感じています。こういうところは掃除がしにくいな、こうだったら楽できるな、家族4人が生活するとゴミ箱のスペースはこれくらい必要だな、ということを実体験で感じることができたからなんですよね。これからもっとお客さまの気持ちに寄り添って、目指すものを一緒につくりたい、かなえてさしあげたいという想いがどんどん膨らんでいます。

子育て3か条

感謝と反省はすぐにきちんと言葉に!されて嬉しかったことは相手にも同じようにしたいと思っています。 嘘はつかない、約束は守る。子どもを釣るための約束で、子ども自身が忘れてしまっていても、必ず約束は守るようにしています。 同じ目線で楽しむ。人として至らないところばかりで、すぐイライラしたりしてしまうので、親として一緒に成長したいと思っています。

施工事例

施工事例

子育ては大変、だけど楽しい。だから、「楽しい」と「好き」をリビングに詰め込みました。大好きな作家の本、休日の午後のんびりハンモック、大好きな映画を楽しむスクリーン。家族のスキをたくさん詰め込んだリビングで家での時間がとっても好きになる。大変さから解放される時間もつくる。もっともっと子育てを楽しんでいただくプラン。柔らかさと肌さわりの素材感にもこだわっています。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

自宅をリノベーションしてから
前よりもっといろんなお話ができるようになりました。

杉村 菜摘

杉村 菜摘

福祉住環境コーディネーター
一児の母

人の生活に深く関わり、長くお付き合いのできる商品を仕事にしたいと、住宅関係の業界を志望し、2011年に営業職として入社。5年目、マネージャーに昇格、結婚。2017年に女の子を出産。2019年4月に職場復帰してからも、部下を率いてチームをまとめる営業部の中心的存在。

産休・育休を経ての職場復帰。普通なら、育児と仕事を両立できるかなという不安を感じるものかもしれませんが、私はまず「早く思いっきり仕事がしたい!」と思う方が先でした。何より私を突き動かしたのは、復帰を待っていてくださるお客さまの存在。産休に入ることを知ったお客さまからは「戻ってくるまで待つわ」というお声もいただいて、本当にありがたいことだと思います。私自身もお休みをしている間に出産や子育て、自宅をリノベーション する経験をして、前よりももっとお客さまといろんな話ができるぞという楽しみが増えていたこともあって、早く会いに行きたかったんです。

+もっと読む

お客さまには細かい施工の話や家の構造について、一緒に仕事をする職人さんのこと、気をつけてほしい些細な注意点などをお伝えすることを心がけています。打ち合わせでは、お客さまとの共通点の話題で盛り上がってしまうこともよくあるのですが、話し過ぎて時間が足りなくなってしまってもいけません。ポイントをまとめた資料を用意したり、お客さまに合わせてつくる資料を変えたりする工夫も忘れないようにしています。これからもお客さまに長くお付き合いをいただけるような仕事をたくさんしていきたいと思っています。

子育て3か条

個性を大切に。極度の人見知りと好き嫌いには手を焼きますが、それも個性! 遊びを制限しない。リフォームしたばかりですが壁にボールペンで落書きされました。 挨拶は必ず。家族だからこそ大事にしたい。

施工事例

施工事例

写真などを飾れて落書きもできる、マグネット塗料+黒板塗料で仕上げたキッチン腰壁はこだわりのひとつです。LDKの一角の和室は、子供の成長に合わせて可変的に使えるよう設計。子供が小さいうちは扉を開けてリビングスペースを広く。大きくなったら扉を閉めて夫婦の寝室として使えるようにしました。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

将来は、いろんな女性の生き方を
応援できるブランドに
していきたいですね。

彦坂綾乃

彦坂綾乃

チーフプランナー
二級建築士
福祉住環境コーディネーター
二児の母

専門学校を卒業して飛び込んだ、建築・リノベーション業界。2006年、自分が生涯現役で働き続けるためにはどうすればい いかというライフプランを描く中で現在の職場に出会い、転職。営業・プランナーとして実績を積み、結婚・出産を経験して二児の母になった今も、大型案件を担当しながら第一線で活躍中。一緒に働く女性たちのためにも、新しい働き方を示し続けていきたい。

私が就職をした頃、世の中は、特に建築業界はまだまだ男性社会。女性は受付や事務をやるのが当たり前で、男性と同じように活躍する仕事をさせてもらうことが受け入れられない時代でした。純粋に、なぜなんだろう?と思っていたんです。私は生涯、夢中になれる仕事で働き続けたい。自分の思い描く理想の姿を実現させるために、真剣にライフプランを考え、この道に決めました。

+もっと読む

女性は男性と比較して人生にさまざまなライフイベントがあります。年齢と人生経験を重ねていくことで、提の引き出しはどんどん増えていきます。そのなかで結婚して出産しても、キャリアをあきらめずに長く働くことは、選択肢の一つとしてあるべき姿だと強く思うのです。リノベーションをお願いしてよかったとたくさんのお客さまに喜んでいただくためにも、女性が辞めることなく働き続けられる環境や仕組みをつくりたいと、この「 WAKATTE 」が動きはじめました。ゆくゆくは、「 WAKATTE 」が子育て中の主婦だけにとどまらず、もっと幅広くいろんな視点を持つ人が集まって、お客さまの気持ちに寄り添うスペシャリスト集団となっていけるよう、育てていきたいと思っています。これからの私たちにもどうぞご期待ください。

子育て3か条

子供の話は最後まで聞く 1日1回はギューをして『大好き』と伝える(お兄ちゃんには嫌がられます) 叱る時は淡々と(大きな声は届きません)

施工事例

施工事例

共働きで忙しい中、整理整頓が上手で綺麗好きな奥様のために、キッチン⇔ファミリークローゼット⇔洗面所の3カ所をを結び、回遊動線のあるお家を作りました。少ない時間で家事がはかどりスッキリ暮らせます。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

CONCEPT/コンセプト

女性の手で、
女性の暮らしを、
つくる。

共働きがふつうになり、家事をする男性も増えてきました。
でも、家庭において男女が100%平等になる世の中なんて、
現実的にはありえないと思います。
これまでも、これからも。家族の日々の暮らしのことから子育て、介護まで、
家の事はどうしたって女性が中心になって支えていくことになるのです。

ホームテック株式会社が立ち上げたWAKATTEは、
こうした女性に寄り添いながら
「この気持ち、わかって」に応えていくリノベーションブランドです。

WAKATTEのいちばんの特徴は、ブランドの担い手が全員女性であること。
ホームテックに入社してリノベーションのスキルと経験を積み、
やがて結婚、出産をへて職場に復帰し、いまに至っています。

こんなキャリアを重ねてきた女性たちだからこそ、
同じ家庭目線に立ち、そこにプロとしての目線を重ねて、
女性が芯から暮らしやすいリノベーションを提案することができます。
暮らしの真ん中にいる女性のみなさん、一緒に理想のライフスタイルを実現してみませんか。