シニア・バリアフリーリフォームについてのご質問・ご不安

お客様からよくいただくご質問

「我が家ではこの工事はできるの?」「何日くらいかかるの?」ご不安のあまり、日常の不便さを我慢して日々お過ごしではありませんか?ご相談いただき、実際に工事を終えたお客様からは「もっと早く相談していれば良かった!」とのお言葉を頂戴致します。 悩まず、お気軽にご相談下さい。
ご相談は無料、その後の強引な売り込みは致しませんのでご安心下さい。

段差・出入り口の不具合   水廻りの不具合   その他の不具合
 

段差解消、出入り口の不具合について

開戸(ひらきど)ばかりでなので、引戸(ひきど)にしたいのですが。
体の移動が少ない引戸への交換は、介護保険制度の住宅改修項目にも含まれる主要バリアフリーリフォームの一つです。リフォーム専用の「アウトセット引戸」を利用すると、既存の壁や枠を傷つけることなく簡単に開戸を引戸に換えることができます。
部屋によって段差があるのですが、バリアフリーに出来ますか?
車椅子でも通りやすいように、間口を広げることは可能です。出入りしやすいように扉を引き戸に交換したり、段差解消も同時に施工することをお勧め致します。
くわしくはこちら >> 「安心・安全な暮らし〜段差解消リフォーム〜」をご参照ください。
玄関の上框(あがりかまち)と土間の高さを緩和する為のいいものを教えて下さい。
玄関土間に式台を設けて上框(あがりかまち)段差を小さな段差に分割する方法や、車椅子用の可動式(携帯式)スロープを設置する方法があります。
くわしくはこちら >> 「安心・安全な暮らし〜段差解消リフォーム〜」をご参照ください。
門扉から玄関までの階段の段差が高いのですが、スロープや段差を低くしたり出来ますか?
建築基準法により、1階居室の木造床面は原則として地面から450mm以上高くするように定められています。そのため、住宅の多くは屋外から屋内に入るために階段を2〜3段上がらなければなりません。一般的なスロープの勾配は1/12〜1/15が目安です。つまり450mmの高低差に対して水平距離5400mm〜6750mmが必要となりますので、このスペースが確保できそうな場合はアプローチ部分の改修を検討いただくのもよろしいでしょう。水平距離の確保が難しい場合は階段1段分の高さを110〜160mm程度に変更し、手すりの取り付けを行います。また、いずれの方法でも段差解消が難しい場合は、寝室掃出し窓へのスロープ設置や段差解消機の設置という方法も考えられます。
くわしくはこちら >> 「安心・安全な暮らし〜段差解消リフォーム〜」をご参照ください。
玄関で靴を脱いで上がるときに体が不安定になるため手すりが欲しいのですが?
靴の脱ぎ履き動作は重心が不安定になります。上框(あがりかまち)に近い壁に縦手すりを取り付けましょう。靴箱などがあるため手すりの取り付けができない場合は、玄関収納を壁面取付けのものとし、カウンター部分で体を支える方法もあります。 玄関ホールには腰掛け用のベンチを置くと安心です。省スペースの折りたたみ式の壁付けベンチも便利です。(右画像→)
トイレは狭くて車椅子で入れません。介助するにも狭いです。扉や室内を広くできますか?
廊下の工事と同様に、構造的に取り外しが可能な壁・柱であれば 間取りを一部改修してスペースを広くする、開きドアを引戸(ひきど)などにすることが可能です。 その他、隣接する洗面・脱衣所とワンルーム化してアコーディオンドアなどで仕切る、 またトイレを寝室に隣接させるかたちで新設するなどの方法をとることもあります。 室内の一角または押入れスペース等を改装してトイレとすると 移動距離も短くなり介助負担の軽減も図られます。
くわしくはこちら >> 「施工事例・実績〜トイレのバリアフリーリフォーム事例〜」をご参照ください。

水廻りの不便・不具合について

冬場、浴室が寒くてツライです。
浴室衣類暖房機浴室内での事故で気をつけなければならないのはつまずきや転倒、 そして心筋梗塞などを引き起こす「ヒートショック」などです。 ヒートショックによる年間死亡者数は、交通事故による死亡者数を上回るとも言われています。) 浴室内外での温度差を少なくするためには 浴室をユニットバスに変えた上で、天井部分に換気乾燥暖房機を取り付けるのが良いでしょう。 家族内で入浴時間帯がまちまちな場合には 天井・壁・床・浴槽に断熱材が施工されているユニットバスを選ぶ、 窓ガラスを複層ガラスなどに替えるといったリフォームで保温効果を向上させましょう。 ほとんどのユニットバスは滑りにくい床材、掃除しやすい素材となっています。 手すりは浴室出入り用、洗い場移動用、立ち座り用、浴槽内での姿勢保持用などがあります。 身体状況と入浴動作に応じて必要箇所に取り付けましょう。
くわしくはこちら >> 「施工事例・実績〜浴室のバリアフリーリフォーム事例〜」をご参照ください。
また、「浴室暖房乾燥機」を設置すれば、浴室の温度調整だけでなく、換気や衣類乾燥もできて便利です。(画像)
脱衣所・トイレにも手すりは付きますか?
廊下と同様に、壁下地補強を行って手すりを取り付けることが可能です。 介助や車椅子からの移動で壁付け手すりが邪魔になる場合には可動式手すりを設置することもあります。
和式便座から洋式便座に交換したいのですが…
期間や費用は現地調査をしてからでないと、正式なお見積りは難しいのですが、参考として弊社の手がけた施工事例をご参照ください。
くわしくはこちら >> 「施工事例・実績〜トイレのバリアフリーリフォーム事例〜」をご参照ください。
普通トイレを暖房便座、シャワー付便座にしたいのですが、工事は長くかかりますか?
電気・給排水改修工事が必要となりますが、 間取り変更を含まない工事の場合、作業は半日〜1日で終わりますのでご安心下さい。

その他の不具合・お困りごとについて

シャッターを下ろす(雨戸を閉める)のが大変です。何かいい方法はありませんか?
リモコン電動シャッター手動シャッターから室内の壁に取り付けた操作ボタンで開閉する電動シャッターへのリフォームのほか、テレビやエアコンのようにリモコン操作による開閉が可能な電動シャッターもおすすめです。これなら椅子に座ったまま、ベッドに寝たままでもシャッターの開け閉めができますね。手動シャッターから室内の壁に取り付けた操作ボタンで開閉する電動シャッターへのリフォームのほか、テレビやエアコンのようにリモコン操作による開閉が可能な電動シャッターもおすすめです。これなら椅子に座ったまま、ベッドに寝たままでもシャッターの開け閉めができますね。
夫婦2人暮らしだと防犯が気になります。
防犯ガラスへの交換、シャッターの後付け施工など。 断熱効果も同時にUP!  カメラ付きインターホン、ピッキングされにくい鍵への交換は  手軽に行える防犯リフォームともいえます。
くわしくはこちら >> 「防犯対策は万全ですか?家への侵入を防いで安心!」をご参照ください。
玄関灯や廊下、トイレの電気を消し忘れます。何かいい方法はありませんか?
センサー付きライトやタイマー付きライトが便利です。
トイレは自動開閉、自動洗浄機能をもつ機種を選定することで ご家族皆様で気持ちよく使えそうですね。
家族が集まってくるリビングを明るくしたいのですが。
照明計画を見直し、家具の配置や生活動線に応じた器具の選定・配置としましょう。 その他、自然光を室内に効率よく取り込む「明かり取り」リフォームなども。
冬は寒いのですが、何かいい方法はありますか?
築年数が経った建物では、断熱材が入っていないケースも少なくありません。 断熱材の入れ方ですが、壁の断熱処理のみでは 大きな効果は見込めませんので、床、天井にもしっかりと断熱材を入れます。 つまりお部屋全体で断熱施工を行うことが重要なのです。 また、薄いガラスの開口部より一番熱が出入りしますので、 窓ガラスを複層ガラスに交換する、またはインナーサッシの設置を検討します。 全てを行うと広範囲になり、ご予算をオーバーしてしまう場合には 主に多くの時間を過ごす部屋に限定して工事することをおすすめしております。
住みながらのリフォームは可能ですか?
躯体がすべて見えるところまで設備・内装・下地材を解体し、 間取りを一から作りなおすスケルトンリフォームでは住みながらのリフォームは困難ですが、 戸建て・マンションとも設備の入替え、バリアフリーを含む内装の交換、 また一部屋ずつ仕上げてゆく間仕切り改修を含む各種リフォーム工事は 住みながらでも対応可能なケースがほとんどです。 ただし施工中の音やにおい、資材置き場の確保といった問題もありますし、 在宅工事と空家工事では工期にも違いが生じてきます。 ご家族構成やライフスタイル、ペットの有無などにより状況は変わりますので どちらがよいかは、リフォーム内容に応じてじっくりご検討いただきたいと思います。
ガスコンロを使った後の後始末を忘れてしまいそうで怖いのでIHにしたいのですが?
SiセンサーIHクッキングヒーターは着衣着火の防止、お手入れのしやすさといった点からも シニア世代が使いやすい調理機器として年々需要が高まっております。 分電盤から200Vの専用電気配線を引く工事が必要となりますが、 システムキッチンではビルトインコンロとIHヒーターは同サイズとなっていますので 大掛かりな工事は必要なく、交換工事は半日で終えられることがほとんどです。
なお、現在製造販売されているガスコンロにはすべてのバーナーに 「調理油過熱防止装置」「立ち消え安全装置」の装着が義務付けられています。 使用後の後始末が心配な場合は、「コンロ・グリル消し忘れ消化機能」を搭載した 「Siセンサーコンロ」シリーズをお選びいただくのがよろしいでしょう。
●お問合せ・お見積りはこちらから●
どんな事でもご相談ください。プロがわかりやすくご説明いたします。お気軽にどうぞ。
SSL グローバルサインのサイトシール