• 最新情報
  • 採用情報_新
  • リフォーム博
  • 施工事例
  • 社員紹介
  • 商品一覧
  • イベント情報
  • お客様の声
  • 太鼓判
  • 最新チラシ
  • 実績MAP
  • 経産省
  • ジェルコ
  • ホームプロ東日本売上高第3位

▼ サイト内検索 ▼

工事実績マップ

商品一覧

収納力・使いやすさ・掃除のしやすさ、の面から洗面リフォームを考える

洗面台ひとつとっても、使う用途はさまざま。お化粧したり、ひげを剃ったり、顔や手を洗ったり・・・。
家族がそれぞれ使用するものだからこそ、お気に入りの洗面化粧台を選んでください。

「収納力」はどこをチェックすれば良い?

洗面台の収納力 ■自由自在に使える収納スペース

鏡裏が収納スペースになっていると、小間物を表に見せずにスッキリと収納ができます(左画像)。
収納するものや、大きさに合わせて自在にアレンジできる可動棚(右画像)など、「見せない」収納を上手く使うことと同時に、「使い勝手」と「お掃除の楽さ」も考えて商品を選びましょう。

「利便性」はどこをチェックすれば良い?

洗面台の利便性 ■引き出しの操作性は?

展示品でぜひ試していただきたいのは、引き出しの開閉時のスムーズさ。スライドレールが静かかつ滑らかに開閉する高性能レールであれば、重たいものをしまった際にもわずかな力で出し入れができます(左画像)。また、レールの取手部分の形状にも「使いやすさの好み」があります。メーカー商品のわずかな差でも、毎日使用する部分にはストレスの無いものを選ぶようにしましょう。
また、引き出しの奥行きと収納力、小分け収納がしやすいかどうかもチェックポイントです。

「清掃性」はどこをチェックすれば良い?

■「汚れにくい」より「お掃除しやすい」

排水口1つでお掃除がかなり楽になります!選ぶチェックポイントとしては、1)水はけの良い大口径サイズ、2)ゴミキャッチャーの有無、3)キャッチ部分が分解できるか を確認してください。
他にも、メーカーによって特色があるので、ショールーム担当者にぜひ、ご質問を。

他にも、各メーカー「収納力」「利便性」「清掃性」に優れた商品が勢ぞろい!
メーカーをはしごせずとも、1箇所で比較検討ができる、リフォームの大型ショールーム「リフォームプライス」へぜひ、お越しいただき、実際の展示品をお試しください。


■あなたのお近くのリフォームプライス店は?>>「リフォームプライス一覧」で近隣店舗を探す


 
▲ページ先頭へ