屋根の勾配は何度くらいが理想?

  太陽電池の発電量の面では30度が理想的です。設置工事やメンテナンスのことを考えると地域によって差がありますが、発電量が約2%しか変わらない20度〜40度程度の勾配でも差し支えありません。

よくある質問TOPへ戻る

設置できる屋根の方角は?

  屋根の方角によって発電量は変わります。方角をよく確かめて設置しましょう。また、東西などに分けて設置することもできます。
※方角と発電量の目安
南側=約100%、南西・東南=約96%、西・東=約85%、北=約66%
※南側を100%とした場合の目安です。
お客様の屋根の方角を踏まえて効率の良い発電量を提案させていただきます。

よくある質問のTOPへ戻る

TVアンテナは大丈夫?

  既設のアンテナ等が太陽電池の南側にある場合は移設の必要があります。理由は...
(1)影の影響:太陽光パネルに影が掛かると発電量低下の原因になりますが、アンテナのように細いモノであれば発電量に大きく影響することはありません。
(2)設置場所の注意:太陽電池の表面は白板強化ガラス(厚さ3mm以上)で覆われていますが、強風等でアンテナポールが折れた場合に太陽光パネルに直接当たらない場所にあることが望ましいです。
以上のような不安材料がある場合は設置の際にアンテナの移設も提案させていただきますのでご安心してお任せください。

よくある質問のTOPへ戻る

停電の時に使う事はできる?

  停電になってもパワーコンディショナの自立運転機能により、太陽光が当たっていれば系統と完全に切り離した上で最大定格出力範囲何の電力が使用できるシステムもあります。

よくある質問のTOPへ戻る

一軒あたりどの程度の太陽電池容量が必要?

  個々の家庭における電力量は、その地域も含めた生活形態等により大きく異なりますので、標準的な例として説明します。一般家庭の平均年間消費電力量は5,500kWhという統計が出ています。((財)省エネルギーセンター調べ)
この場合ですと4kW程度の太陽光発電システムを設置することで一般家庭の電気使用量でまかなうことができる計算です。
提案の際にお客様の使用電力量も詳細分析してお客様に合わせたシステムを提案します。

よくある質問のTOPへ戻る

影の影響は?

  下記のような影響が考えられます。
(1)薄い影(山、ビル、樹木、電柱等の影)が太陽電池に掛かった場合、発電量は低下しますが、ゼロにはならず、影の部分でも周囲からの散乱光により10%〜30%程度発電します。
(2)落ち葉など不透明な物体が太陽電池の表面に貼りついた場合、その物体により遮られる光の量による発電量の低下以上に発電量は低下します。長期間その状態が続くと、光の遮断された部分のセルが高温となって特性が低下するホットスポット現象が発生する場合もあります。

よくある質問のTOPへ戻る

ごみやほこりによる発電量の影響は?

  太陽電池にごみやほこりが付着する晴天が続き、砂埃等が付けば発電量は3%〜5%程度ダウンすることもありますが、雨風で洗い流されるとほぼ元の能力に回復します。一般の住宅地区では塵などの汚れは降雨で流されるので、掃除の必要は殆どありません。また、木の葉や鳥の糞などが、部分的に付着しても発電量が大きく損なわれることはありません。ただし、交通量の多い道路へ隣接地域では油性浮遊物が付着し降雨だけでは流されない場合があります。平均的な都市部で汚れによる出力低下はおよそ5%以下です。

よくある質問のTOPへ戻る

パネルの汚れがひどくなったら?

  受光障害により、発電量が低下する他、状況によってはその汚損の著しい太陽電池セルが周囲のセルに比べて温度が上昇する場合があり、長期的には好ましくありません(ホットスポット現象)。このような場合は、鳥糞が油性であるため、水に中性洗剤を含ませた布で清掃をしても宜しいですが、屋根の上へ上る危険な作業ですので、その際はホームテックまでご相談下さい。汚れの診断と清掃も承っております。

よくある質問のTOPへ戻る

売った電力代金の受け取り方は?

  売電の入金は銀行振り込みです。買電と売電は相殺されず、別々に扱われます。

よくある質問のTOPへ戻る

システムの耐久性、寿命は?

  保証期間:各機器の保証期間は1年間です。但し、太陽電池モジュールの出力保証は10年間です。「公称最大出力の公差範囲の最大許容量の10%以上低下した場合」寿命について期待寿命については太陽電池モジュールで約20年以上です。その他の機器は設計寿命が10年程度の部品を使用しています。
主要メーカー別の保証内容は以下の通りです。

■SHARP

システム機器の不具合・太陽電池モジュールの出力が保証値より低下(※注1)・設置工事が原因のシステムの不具合

以上の3項目に10年間の保証
注意1・・・太陽電池モジュールの出力は、最大出力値の下限値(公称最大出力の90%)の90%迄を10年保証します。公称最大出力の数値は、JIS C8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/u、モジュール温度25℃での値です。

■TOSHIBA

太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、太陽電池モジュール用架台(※注2)。
上記の部材に関して設置完了日から10年間
※カラー表示器(カラー表示ユニット、計測ユニット)については設置完了日から1年間。

保証対象

  • 太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、太陽電池モジュール用架台の故障により、正常な発電がされない場合。
  • 太陽電池モジュールの出力が、JIS C8918の6(性能)で規定する条件下に於いて下限値(公称最大出力の90%)の90%未満となった場合。
  • システムを構成する機器または各部品に製造上の不具合が発見された場合(当社製品に限ります)。
※注2・・・TOSHIBA標準架台に限る。

■Panasonic

10年保証:構成機器の不具合、太陽電池モジュールの出力低下に対する保証

(エネルギーモニタは1年保証)
保証の対象
  • 保証の対象機器に製造上の不具合が発見された場合(お客様の故意、または過失による場合は、対象外となります。)
  • 製造上に起因する太陽電池モジュールの割れ、性能低下を伴う外観変化

  • JIS C8918の6.1(性能)に示された公称最大出力の81%未満となった太陽電池モジュール
※パワーコンディショナ収納箱・モニタリングアダプタ・住宅用創畜連携システムは、機器瑕疵10年保証外です。

よくある質問のTOPへ戻る

システム導入後の操作は?

  全く必要ありません。太陽工発電システムは、日の出と共に自動的に運転を開始し、日の入りと共に自動的に停止しますので煩わしい操作は一切必要ありません。

よくある質問のTOPへ戻る

パワーコンディショナの音はうるさくないですか?

  運転時にわずかな音(定格運転時の作動音レベル:約40db程度)がでますが、エアコンの室外機とほぼ同じ音の大きさです。パワーコンディショナは日中のみの運転ですので、お客様のお休みの時間は音を発生させません。

よくある質問のTOPへ戻る

パワーコンディショナは運転中、熱を持ちますか?

  運転中は、温度が高くなります。万が一安全な温度を超えた場合には、パワーコンディショナ本体の保護機能が働いて運転を停止します。

よくある質問のTOPへ戻る

お見積り・お問い合わせはこちらから(屋根の無料診断、受付中)

ご来店ご予約・お問合せ・ご質問は下のボタンからお気軽にどうぞ。
▲お見積り・プラン作成のご依頼を頂いたお客様に「屋根診断を無料」で行なっています。
↑上記の「ご相談・お見積り」のボタンよりお申し込みください。↑
築年数による屋根の老朽度に不安のあるお客様は、是非ご依頼ください。
※フォーム備考欄に「太陽光プラン作成依頼」とご記入ください。
後日担当よりご連絡さしあげ、訪問日の打ち合わせをさせていただきます。

▲ページTOPへ