この家にはあと何年住めるだろう…?

築年数が20年を経過している戸建住宅でも、
これからの20年を快適で安全に暮らすことができます。

築年数が20年を経過している戸建住宅もでも、 これからの20年を快適で安全に暮らすことができるポイントは 耐震強度と湿度対策 (雨漏、水道管の老朽による漏水、床下の湿気)の性能をどのように高めていくかです。
リフォームプライスは構造耐震設計室建築士による上記2点のインスペクション(老朽度検査)により問題点を的確に判定し対策をプランニングします。

的確な補強計画を提案

耐震診断は大きく分けると、2つのポイントを点検します。

一つは建物の大きさに対する壁の割合(量)が十分であるか、家のある一面だけに窓が集中していないかという壁の量とバランス。そして土台と柱、柱と梁など構造木材同士のつなぎ目を補強する金物が十分に使用されているかの基本的な強度検査です。これは新築時の図面(ない場合は実測で作成)を元に簡易構造計算をし新基準の評点を算出、判断するものです。


もう一つは建物の老朽度診断です。 これは屋根裏、床下、外壁の痛み建築士が直接屋根裏、床下に入り、目視診断します。同じ築20年でも定期的なメンテナンスが行われていた20年とそうでない20年とでは、その後の寿命が大変大きく異なります。老朽度診断はそこを見際めるものです。

耐震診断を行う事でその家の老朽度が 20年経ったなりなのか?20年以上の老朽度になっているのか、または20年の割にはしっかりしているといったような その家の現状がわかります。
同時に弱点もわかりますので、優先順位を誤らず、コストバランス取れた補強計画を立てることが可能です。

これらの診断は全てリフォームプライス構造設計室の建築士が直接行います。

<< リフォームプライス構造設計室  詳しい内容はこちら
<< プラン作成のご依頼は こちらのフォームよりお申し込みください。

湿度対策が重要です!

家の骨組みを構成する木材は乾燥していればいるほど強くなります。さらに乾燥した木材は時間経過するほど強度が高まってゆきます。
逆に大敵なのは湿度です。木材は水分を含むと逆に弱くなります。また木材と木材をつなげている、釘や接続金物に錆が生じこちらの強度も落としてしまいます。
湿気対策のポイントは 屋根、外壁、水道管の3箇所です。
個々にくわしく見ていきましょう。
↓気になるボタンをクリック!↓


屋根を水と湿気から守るには?原因は表面だけではありません。
 

瓦やコロニアル(スレート)屋根が20年以上経過した場合メンテナンスしなくてはならないのは、表に見える瓦やコロニアル材の劣化ではなく、その下に敷かれている防水シートの劣化です。屋根の防水は目に見える屋根材ではなく防水シートが水をはじきます。防水シートは約15年から20年でひび割れや断裂を起こしそこから雨水が浸水し雨漏りを引起します。

■【対策】 防水シートと金属屋根材で15年から20年の水と湿気対策は万全

現在あるコロニアルを撤去して新しく葺き替える方法もありますが、撤去する作業費、 またその処分などの費用が発生などがあるため、金属屋根材の重ね葺きがお奨めです。
既存のコロニアルはそのままに上から新たな防止シートを敷き、 仕上げは軽量で耐久性の高い金属屋根材を使用します。金属屋根材はガルバリリュウム鋼鈑がお奨めです。軽量で10年以上の耐久性(商品によっては30年保証も)があります。
瓦屋根も基本は同じ瓦をおろしてから、防水シートを敷きなおします。ただ耐震面での重量の問題がありますので和風の家の景観にも合う金属瓦がお奨めです。金属になると棟の漆喰のメンテナンスもなくなり、10年単位で色あせ保証もついているので防水性も美観上のメンテナンスも15年から20年単位で不要になります。


外壁の表面に「チョーキング現象」はありませんか?

外壁の塗装は美観上の役割だけではなく壁面からの雨水の浸水を防ぐ保護の役目もあります。20年を経過して塗替えをしていなければ、外壁面のひび割れや塗膜の劣化による雨水の浸水が懸念されるので早急に塗装が必要です。
塗装の前には家全体の外壁のひび割れを防水シーリング処理、高圧洗浄で壁面の汚れを落としてから塗装します。塗料は耐久年が15年前後のシリコン塗料がお奨めです。塗装は塗料メーカーの推奨している耐久年がありますが、日あたりや通風など立地で劣化速度は異なります。

一番の目安は塗膜面が劣化し粉状になるチョーキングという現象が塗替えのサインです。 (左画像参照)
訪問で外壁塗装を勧める業者もありますが、 塗料による耐久性の差、汚れと劣化は同じではない事を知っておくと対応ができると思います。


金属製配管の交換時期をご存知ですか?

昭和50年代に建築された家では給水、給湯管に金属(鉄、銅、ステンレス)を使うのが一般的でしたが金属製の配管は錆などの劣化が起こりやすく15年を交換の目安と考える事ができます。
破裂など大きく破損すれば基礎や壁面に漏水が染み出たりして 確認できますが、漏水メーターも回らないようなじくじくとした微弱な漏水は気がつきにくく、それが数年間にわたり続くと土台や柱などの主要な木材を劣化させる原因になります。

屋根・塗装・水道管+耐震が含まれた 戸建定額パック「リスタイル」

築25年の家を平成24年基準の強度に変える、防湿対策(金属屋根、外壁塗装、水道管交換)と耐震補強が標準装備された戸建用定額リフォームパックプラン「リスタイル」。詳しい内容は↓こちらからどうぞ。

●お問合せ・お見積りはこちらから●
メルマガの愛読者増加中!お気軽に何でもお問合せ下さい。
SSL グローバルサインのサイトシール